Pickother

ネット上の素晴らしい記事を厳選してご紹介

2016/11/3 15:15

体育会系は死ねばいい!?女性に嫌われるスポーツマンの欠点10選

1462

燃費も悪く、頭も固く、オラオラ系の体育会系は死ねばいい。いま女性に嫌われるスポーツマンの欠点を厳選して10個紹介

中村隼容疑者を児童ポルノ禁止法違反で逮捕された件で話題になった昨今。元野球選手の清原和博などの騒動もあり、スポーツ選手はオリンピックの影でそのイメージの株が変化している。近年、野球離れで減り続ける野球少年などを筆頭に、全体として昔より『スポーツマンブランド』が弱くなって来ているようにも思える。

とは言え、女優やモデル、女子アナなどがスポーツマンと恋愛・婚約しているケースは多い。
そこで当サイトは現代の女性がスポーツマンをどういう目で見ているのかを調査してみた。

ネット上の正直すぎる意見を見て欲しい。

1暴力が怖い

■子供をしつけるのはいいけど、デカい図体で子供に暴力はマジでやめて欲しい(30代・主婦)
■どんな男性にも暴力の危険性はあります。そんな時に、体を鍛えている人だと大怪我しますよ(40代・主婦)
■喧嘩が強いとか体鍛えててオラオラ系とか、生活してていい事なんて何もないよ。事件に巻き込まれたら警察に言うしか無いし、女性より少し力が強ければそれでいいと思う(20代・看護師)
■ボクサーとか空手とか拳出してる時点で銃刀法違反でいいじゃん(30代・IT関係)

男性は常に暴力の危険性が存在し、最初は優しくても事件を起こす可能性は少なからず存在する。スポーツで生き残って行くと言う時点で「強気」な性格なのは仕方が無いとは思うが、その力を上手く社会で役立てられるかは別問題だ。長い人生、人間何があるかはわからない。そう考えれば、若い頃から鍛え上げて来た肉体も、いつ凶器になるかは保証できないという事なのか…。

2浮気が酷い

■体を鍛えると性欲が増すらしく、浮気に走ります。私もその被害者です(20代・大学生)
■スポーツマンの元カレが性欲が抑えられないらしく、あまりの頻度に着いて行けないから「回数を減らして」と言ったら浮気されました。肉食系のスポーツマンはもう嫌です(30代・主婦)
■スポーツマンで誠実だと思ったら全然違いました。今夜も帰りが遅く、旦那のスマホは彼女一色です。もう死にたい…(20代・主婦)
■会社の同僚でスポーツマンがいますが、モテるので浮気し放題です。モテると言うか、自分からガンガン行くと言う肉食系の習性が染み付いてるんだと思います(20代・美容師)

AV男優も多種多様な撮影をするため体を鍛えるらしいが、スポーツマンが社会人になると抑えられないらしい。体を鍛えると猿になってしまう…とまでは言わないが、紳士的な姿勢と謙虚な心は忘れないで欲しい。

3歳をとると劣化が酷い

■50になる旦那がいますが、昔と違いお腹はたぷたぷ。妊婦並みです。毎年健康の心配をしていますが、酒はやめられないらしいです(40代・主婦)
■若い頃から肌が焼け続けて今ではボロボロ。シワシワで20歳は老けて見えます(30代・主婦)
■お見合いで「むかし甲子園まで行きました」って聞いてびっくりしました。太りすぎてその面影がありません(20代・OL)

劣化で一番多かったのは、若い頃のまま食べ続けてしまい、歳をとってから一気に帰ってくるというメタボタイプ。オラオラ系の男性はノリがいいのか食や酒に溺れがち。健康管理にはストイックにはなれないらしい。筋肉が脂肪に変わる時ほど、見ていられない物はない。

4すぐ怒鳴る

■結婚してから些細な事でよく怒鳴るようになりました。大きい声で怒鳴りつければ言う事を聞いてくれたスポーツ界とは違い、サラリーマン生活のストレス発散方法が見つからずに家で当たります。イライラするのはわかりますが、関係のない私や子供に大きい声を出したり当たるのは本当にやめて欲しいです(30代・主婦)
■元々声が大きくハキハキした性格だった旦那ですが、感情的になるとすぐ怒鳴ってお店の注目の的。本当にいい加減に大人になって欲しいです(30代・主婦)
■彼氏曰く、怒鳴りつければだいたいの人間は言う事を聞くらしいです(20代・専門学生)

スポーツマンは体を動かさずにはいられない生き物。小さい声でこっそり話すという繊細な会話も苦手のようだ。論破する事ができない歯がゆさを行動とキャラでなんとかしてきたのだろうが、それだけでは社会でやっていけない。そんな時、多くの女性がその不器用なスポーツマンの被害に合っている。

5無駄にプライドが高い

■旦那がリストラされてアルバイトでも何でもいいからして欲しいのに、プライドが高すぎるせいで仕事が見つからない…(30代・主婦)
■収入の自慢ばかりです。彼氏曰く、スポーツマンの常識らしいです(20代・OL)
■車とかどうでもいいのに無理して外車買って来た旦那を殺したい。ゴルフでいるんだとか。そんな時代じゃないだろ(40代・主婦)
■スポーツマンは亭主関白。以上です(30代・女性)

体を鍛えていなくてもプライドが高い人は大勢いるが、肉食系&体育会系のプライドが高い男ほど面倒なヤツはいない。『1』で紹介した暴力や事件にも繋がりそうな予感だ。

6気合いでなんとかなる

■生理痛も「気合いでなんとなかなる」って言われた時は離婚届用意したわ(30代・主婦)
■弱者の気持ちになれないんだろうね。もっと頑張れとしか言わない(20代・OL)
■女の子の話を全然聞いてくれない。すぐに解決に走って説教。草食系がどれだけ「うんうん」って一生懸命聞いてくれるか再認識させられたわ(20代・OL)

これも必ずしも体育会系に限った話ではないが、いつでもどこでも感情で直球勝負をかっこいいと思ってしまうところが何とも滑稽。ましてやそれを女性にまで当てはめるとなると人間性を疑う。

7言葉遣いが汚い

■「クソ野郎が」「ビビってんのか!?」「お前が悪いんだろぅがぁ!あぁ!?」←人間としてちゃんとしろ(20代・看護師)
■初対面で「お前」って言われました。それが体育会系のノリってもんらしいです(20代・大学生)
■歳下は全員自分よりも下みたいな扱いです。さすがに引きました(20代・OL)

人間としてできていない。「敵チーム」や「対戦相手」を威嚇する強気な言葉を大人になっても多用しているスポーツマンが多いらしい。先輩後輩関係や上下関係に関しても、初対面の他人にまで適応させるのは非常識。体育会系にもなるとアホの迫力が違う事がわかる。

8なかなか死なない

■運動して健康的だからかなかなか死にません。早く私を自由にしてください(60代・主婦)
■お金目当てで離婚しないでいるのに健康過ぎて嫌になる。早く死んで欲しい(50代・主婦)
■今まで頑張ってくれてありがとう。私ももう疲れたんで安らかに…まだまだ生きるな…(50代・主婦)
■体を鍛えてる所為か旦那が事故に合った時に奇跡的に助かりました。あのときは凄く嬉しく、涙も出ましたが、最近はあまりのイライラに「あの時死んでいれば…」と思います。最近保険も厳しくていくつか解約したんでなおさらあの時死んで欲しかったです(50代・主婦)

やはり体を鍛えるのはいい事…のはずだが、健康でもこれだけ裏で奥さんに死んで欲しいと思われるのも厳しい。熟年離婚をする人の殆どが「旦那が毎日家にいるのが耐えられない」という理由だ。セカンドライフへの思いは、普段休まずに亭主関白に身を置いている妻の夢だという事だ。

9体がデカい

■当時は背が高くハンサムでスポーツマンという理由で結婚しましたが、今は体が大き過ぎて老後の介護は無理だと思います(50代・主婦)
■体がデカいと食費が酷いです。そして体を動かさないとイライラされるので外で一緒に運動しにいきますが、リーチが違うので全く付いて行けないです。こちらに合わせてもらうと申し訳ないので一人で行ってもらいますが、その後の食事とお酒も凄いです(30代・主婦)
■怖いです。スポーツ選手の集団を見て大男の大群としか思いませんでした(20代・IT関係)

体が大きいと自然とスポーツに引き寄せられるのが長身の特権。そして意外と活躍の場も多く、楽しくなってそのままスポーツマンに転身する人も多い。世間的にも『背が高いスポーツマン』は需要がありそうだが、怪我した時や老後の対処は覚悟して欲しい。そして怖がられるのも覚悟しよう。

10集団的自己中

■だいたい体育会系が中心になって誰かを虐めてます。集団的自己中ってやつですね(10代・学生)
■バイト先でも輪に入れない人を徹底的に虐めるのは体育会系が多い気がする。見ててイライラ(10代・学生)
■自分と違う人間に対して厳しいイメージです(20代・OL)
■嫌い。テンション高を他人に強要する(20代・デザイナー)

体育会系は集団行動を強いられ、毎日意味があるのか無いのかわからないトレーニングも「意味があるんだ!」と思い込んでやり続ける忍耐力がある。しかしその反面、自分のチームではない人間に対してはかなり厳しい。虐められた事がある人は、主に主犯が体育会系だったりするのではないだろうか。

スポーツマンが悪い訳ではない

体育会系・スポーツマンの悪い部分を主に紹介して来たが、何も悪い所ばかりではない。そして嫌われるなんて事も無い。その証拠に、上記の意見には主婦の話が多かったと思う。女性は結婚したがっている人は体育会系だからとかではない、高収入な男だ。そして自分と一緒にいて楽しい男。そんな男性が体育会系には多いのだろう。

肉食系男子は運動が好きな傾向にある。スポーツというのはプロスポーツやオリンピックとしての社会貢献だけでなく、力が有り余った男の体力を消化するものでもあるわけだ。それが楽しみに繋がり、輪に繋がる。輪に繋がれば人と出会い、多くの面で様々な女性と出会う事も可能だ。女性を見れば放っておけないのが肉食系男子。男はどんなタイプもいい加減なものなのかもしれない。

最後に「必ずしもスポーツマンが悪い訳ではない」と付け加えて、この記事のまとめとさせていただく。

コメント数・0